柔道とは、仲間を投げるたびにすぐに忘れてしまうもの E’ Judo ogni volta che proiettate un compagno e ve ne dimenticate.

images[4]柔道とは、仲間を投げるたびにすぐに忘れてしまうもの

柔道の稽古をしている子どもたちを見てみると、パートナーを投げたときの満足感がいかに大きいものであるか分かります。

その喜びは、自分がした動き自体よりもパートナーより強いという事実からきます。

この優越の感覚は、まだ先生からどのようにやる気を起こさせるかという方法を学んでおらず、とにかく他の人に勝ちたいという意志にとらわれている子どもたちにとっては大切なものです。しかし実際のところ、青年や大人の場合でも、より強い形で見ることができます。

しかしこれは柔道ではありません!柔道の動きは、すべての段階においてのたゆまぬ研究、前よりも優れた技を行おうと努力することから生まれなければなりません。そしてその結果が次の練習へのやる気とされるべきです。前の動きにこだわっていては前進しません。それは必然的に同じ動きをするよう頭に印象づけてしまうからです。

柔道を練習するとき、何かを繰り返そうとすべきではありません。その瞬間で最良のものを生みだそうとするべきです。「即今・只今・此処」と禅では言います。また「今、ここで」と古代ローマ人はよく言いました。最良のものを生み出すにはまず”今 “を認識しなければなりません。

もし時間と労力を無駄にしたくなければ、前の動きの結果は忘れて、既に次の動きの中にいる必要があります。あなたを自由にし認識を促す考え方は、今やったことに固執しないことであり、それができるようになるのは難しいことです。

最も古いヒンドゥー教の叙情詩の一つである「マハーバーラタ」の中には、戦士アルジュナが様々な疑問に捕らわれ、彼が戦っている戦争の原因と結果に関してクリシュナにアドバイスを求め、こう答える有名な一文があります。

「アルジュナ、あなたは人間であり、あなたは行動する権利は持っているが、その結果を享受する権利はない」

次は「柔道とは、考え方と動きの中で最良を求めるもの」でお会いしましょう。

大日本武徳会範士 アルフレード・ヴィズマーラ

Gli acquisti che consiglio
Amazon-Box creato da Giuseppe Frattura

柔道〜体力的についていけないと嘆いている人を助けること E’ JUDO…..OGNI VOLTA CHE AIUTATE QUELLI CHE DISPERANO PER LA FATICA

imagesROC8OZLY柔道〜体力的についていけないと嘆いている人を助けること

柔道の稽古中、誰しも体力的に辛いと思うことがあるでしょう。上級者はそれでも問題なく乗り越えますが、まだ色帯の人、初心者は大変です。

疲れてもう稽古に集中できないとき、まるで白い服を着て浮遊している幽霊のような、抜け殻が稽古をしているように見えます。そう感じる時は、もしかしたら本当にあなたの”霊”はもう家に帰ってしまったのかもしれません。私の師匠はよくこういう場面で”霊”の存在を確信していました。彼らの空っぽの体を見てはこの辺を漂っている”霊”がいると思っていたようです。

すべての上級者はこの状況を認識し、弱っている人、疲れてしまっている人が”霊”を家へ帰らせてしまわないように、稽古中の集中力を維持できるように助けるべきでしょう。もしこのような状況に気付かないなら、それは柔道とは言えません。「自分と他者が調和の中で共に成長する」という”自他共栄”の精神が足りないからです。

弱者との関係は柔道、ひいては日常生活の中でも非常に重要です。柔道の練習中、準備体操、打ち込み、形、乱取りの間、上級者は注意深く目を配り、仲間またはチーム全体を盛り上げていかなければなりません。

これらの状況は稽古中常に起こることですが、あなたが精神的エネルギーを必要とする人にそれを与えることで、あなた自身のエネルギーをも高めることができるのです。

この”必要とする人を助けてエネルギーの交換をする”という考え方は柔道独特の教えであり、伝統的な理解の元にいえば、仲間やチーム全体でエネルギーの磁場を作るということです。これは、誰もが疲労に立ち向かうのに役立ち、またより簡単に練習できる、ポジティブなエネルギーの塊を作ることになります。

多くの他の分野で、例えばチームスピリット、チームワーク、更衣室仲間など、似たような力を見つけることができるでしょう。しかしこれらはすべて、試合などで良い結果を得ることを目的としており、あなたの後に続く人、ひいては社会を助けるために具体的な指導をしていくということではありません。

稽古中にこれらのことに注意を払うことができるなら、あなた方がしているのはまさに柔道です。経験を積むにつれて自然に疲労の限界に来ている人を察知し、自他共栄の精神でその人にあなたのエネルギーを与え、助けることができるようになるでしょう。

疲れきった人を地面に叩きつけるのは柔道ではありません。疲れた仲間を助けようとしないでする打ち込みは柔道ではありません。どちらにとっても、その練習は意味をなさないのです。なぜなら、嘉納治五郎先生が精神的啓発の目的でおっしゃったように、稽古中、エネルギーが相互作用しなければ上達はなく、その場合、柔道が上達の強力な助けにもなれないからです。

一人で稽古することはできません。柔道は身体的にも道徳的にも精神的にも、個人と社会が共に成長するように作られたからです。もし自分自身と自分の技術ばかりを考えているなら、何か別の名前を考える必要があります。なぜなら嘉納治五郎先生が考えた”柔道”はそういうものではないからです。
次回は「柔道〜謙虚に自分の限界と弱点を知ること」でお会いしましょう。
大日本武徳会範士 アルフレード・ヴィズマーラ

Gli acquisti che consiglio
Amazon-Box creato da Giuseppe Frattura